アメリカの見本市・展示会・視察ツアー・業務渡航の専門店 クロスインターナショナル

アメリカの見本市・展示会・視察ツアー・業務渡航の専門店 クロスインターナショナル

トップページ > ブログ

WSA/シューズ(靴)業界の展示会

昨年に引き続き、WSAでのアテンド通訳業務ですが基本的にはバイヤー向けの展示会なのでアパレル業界のMAGIC同様登録時に過去のインボイスが2通必要だったりと入場者も非常に限られております。
昨年に比べ若干規模が小さくなった様な気がします。
今 回は主に女性向けサンダルやブーツを中心に見学しましたが、サンダルならクロコダイルの皮(又は合成皮)、グラディエーター(細かい帯・線を何列にも並べ た装飾)、足首に巻き付けるリボンタイプをよく見かけました。またターコイズ、黄、赤のビーズで“古代文明調”に飾りつけをした商品、ウエスタン調もトレ ンドの傾向にあるそうです。
色は定番の黒、茶色に加えグレイ、パープルあたりが注目の様です。

今回は業務も少々困難でチャレンジな3日間でした。
というのも展示会自体がバイヤー向けのイベントであり、その場で新商品(今なら2009年秋・冬もの)の発注を行っていきます。
色々 な経緯があり、今回我々(お客様含め)に用意されていた入場バッジが“BUYER”ではなく“SUPPLIER”となっておりました。はじめはあまり気に していなかったのですが、それぞれの業種がバッジの色ではっきりと区別されており、我々の“SUPPLIER”は製造業者、工場という理解をされていた様 でした。
(考えてみれば当然かもしれませんが)何ヶ所かの出展ブースで商品に関する質問をすると対応に“警戒”されている雰囲気がはっきりと伝わってきました。商品を見学する事を拒否されるケースすら何度かありました。
途中で親切なブースのスタッフが気付かせて(アドバイスして)くれたのですが、製造業者という札を付けた我々は商品やデザインをコピーする目的で見学に来ているという見方をされてしまい、商品購入の意思が無いのは明らかなので入店すらお断りという意味だった様です。
バッジの色を現場で“BUYER”に変更してもらう事は出来ず、結局“警戒”の目線で見られながらも3日間フルに両会場の出展ブースを見学しました。
あまりバッジを見ておらず、親切に対応してくれた業者(メーカー)も何社かはありました。
大きな(もしくは人気の)メーカーでは完全に四方を(中が見えない様に)パネルで囲み、完全アポ制(アポ無しでは中へも入れない)の場合もあります。
その場で商談が成立する事は殆ど無い、他業界のコンベンションだとバッジの色も(中に入れさえすれば)さほど関係無いのですが、アパレルや今回のシューズは商品やデザインをコピーされる事に対し大変“敏感”であるという事を実感した3日間でした。

500_10310970

 

WOC2009/ワールドオブコンクリート展示会

コンクリート業界の展示会で今回初めてアテンドしましたが、思っていたより大規模でノース、セントラル、サウスホールを利用し日本人らしき訪問者も沢山見掛けました。
建設業界の展示会でCONEXPOというのがありますが、さらにセメント分野に専門化された雰囲気でした。今回は床に関連した出展ブースを主に見て周りました。
日頃よく目にするグレイ色(灰色)をした何の変哲も無いコンクリートの床ですが、特赦な機械で研磨していくと表面が透き通ったピカピカに輝く状態へと変化してきます。(日本で見かける墓石の様な、あそこまで綺麗に仕上がるとは驚きです。)
そこに着色をしたり、スタンプ(模様が付いた型枠を押し付けて)してまるでレンガや大理石を積み上げた様な“見た目”を作り出したり。
WalMart, Whole Foods, Costco内の特定エリアで実際に適用されている技術だと聞かされると(よく思い出してみると)確かにその様な仕上がりです。
ホールフーズの床などピカピカに輝いていますが、日本ではまだ一般的でないスタイルだそうです。
肉、魚を処理する様な場所(販売用に解体作業を行う様な)だとアブラが酸性化して床へのダメージが多い為、対酸性でなおかつ人体に害が無いケミカルでコーティングする必要があります。2日間のアテンドでしたが、今年は様々な業界の展示会にて“例年より参加者が少ない”と感じる中沢山の人が訪れていました。

500_10308336 500_15368173

ShotShow2008

アウトドア・スポーツ(ここではアメリカで一般的なハンティングやサバイバルの意)関連の商品を取り扱うShotShow2008での通訳業務。出展企業 はベレッタ、スミス&ウェッソンなど拳銃、ライフル関係やナイフ、テントなどそれらのアクティビティーに付随するグッズ様々。
今回は日本から同コ ンベンションに出展している刃物商品の老舗メーカーさんで、昔の刀作り(侍時代)の伝統を承継しながら現代のハンティングナイフやキッチンナイフ(包丁) を製作してる会社よりのご依頼。期間中の4日間、出展ブースでのカスタマーサービス(英語)、商品案内や商談など。
基は戦国時代の刀作りから受け継がれる伝統的な手法で作り出される、青光りした刃は来店する外国人(日本人以外)を魅了し、(決して安くは無い)ハイクオリティーな商品でも次々と商談が成立していく。最近様々な業界で“低価格趣向”な中国製品が多々存在する中、“メイドインJAPAN”を誇りに思える、また外国諸国もそのクオリティーの違いを認識しているのだという事を再確認させられる4日間でした。(皆“これ、エイドインJPANか?”と聞いてくるし)美しい、丹精込めて作られて一品には誰でも魅了されるもの。
自身あまり興味の無かったナイフ(刃物)にも4日間接しているうちに“自分も切れ味鋭い、こんなナイフを一品所持したい。”と正直思ってしまいました。
出展ブースに訪れる来客者も銃、ナイフを取り扱う様なショップの人から警察官(ポリス)、SWATチームもメンバー、ハンター、ミリタリー(軍人)など。
デモンストレーションで行っていた“マスター”による(研磨石を使った)刃研ぎも通りすがる外国人の目を惹きつけていました。

SAMSUNG DIGITAL CAMERA

PMA2008コンベンショ

カメラ関係の商品を取り扱ったPMAコンベンションでのアテンド業務。カメラだけではなく、照明や背景など撮影用の機材からアルバムや写真立てなども豊富に展示されていました。
アテンドしたお客様の目的が主に撮影用の背景(バックグランド)だったので、撮影時に利用する布地や紙を取り扱っているブースを中心に視察しました。
様々な業界のコンベンションにアテンドしていますが、どの業界でも取り扱う商品や資材を国内外問わず、業者から“直接”仕入れたいもの。(卸し会社が入ると中間マージンが加算されてしまい、仕入れ値が高くなるので)
今回ミッションの1つとして、とあるアメリカの会社(工場)が作成している撮影用の背景(紙)を直接日本に仕入れられるかの交渉をする事。
ぐ るぐると野球場の数倍ある様なスペースを探して歩くも目当ての会社が見つからず、アリゾナ州にある本社へ電話で問い合わせてみると今年はブースを出展して おらず、ヒルトンホテルのスイートルームにて限定顧客とのみアポ形式で商談をしているとの事。なんとか部屋の階数だけは分かり、とりあえず体当たりで直接 交渉する事に。
ヒルトンへ移動後28階にてウロウロとするもそれらしき部屋は見つからずエレベーター付近で途方に暮れていると、それらしき看板を持った(スーツ姿で)白髪のアメリカ人男性を発見。尋ねてみたところ“ビンゴ!”看板を貼り(置き)に来たお目当ての会社スタッフでした。
とりあえず日本での直接輸入に関して話がしたい事を伝えると、担当者に話を取り次いでくれるとの事。(何て親切なおじさんなんだろう。>Oops!会社のパンフレットを見たら写真付きで“社長”と紹介されていました。)スイートルームへ案内されると、中には広い応接間に飲み物やら食べ物が豪華に並べられ、そこは混雑して落ち着かない展示会場とは別世界。
勧められたビールを片手に人の良さそうな輸出担当者にお客様の意向を伝えたところ、残念ながら日本には既に専属契約している代理店があるので直接ビジネスを交わす事は出来ないとの事。しかし、日本の代理店に指示を出し通常より安値で取り引きが出来る段取りを取り計らってくれると約束してくれました。
最後はシェイク・ハンドにてお別れ。思い通りには話が進まなかったけど、お役には立てたかな?その後うまくフォローされている事を願います。

500_10216525

NATPE2008 コンベンション

今回初めてアテンド業務したNATPE2008はテレビ業界のコンベンション(展示会)で主に“コンテンツ=番組、内容”を取り扱ったものでした。
ドラマ、バラエティー、映画、ドキュメンタリー、スポーツ、アニメなど様々なジャンルの番組が取扱いされ、DISCOVERYやWARNER BRO.など大手の制作会社も出展していました。(日本からはNHKやフジテレビなど)番組そのもの含め、“フォーマット=アイデアや構成のみ”のみの売り買いもあり、とても興味深い内容でした。
世界各国よりのテレビ局もブースを構え色々と話を聞かせてもらいましたが、印象に残ったのは日本のアニメ番組の人気。(ゲーム的要素のあるバラエティー番組も若干)
アメリカ含めブラジル、韓国などのテレビ局でも日本のアニメ番組を多々購入&放送しているそうです。“ポケモン”、“鉄腕アトム”あたりをよく耳にしました。
料金は。。。時間帯、放送期間などにより料金は異なるそうで、何処のブースでもはっきりとは教えてもらえませんでした。
アメリカの会社(出展ブース)での業務は問題無いのですが、インドやブラジル、中国などの会社では同じ英語でもかなり特徴、アクセントが異なるので理解するのが大変です。
耳を近づけて良~く聞かないと。インドのテレビ局では担当者がとても早口(&個性の強い英語)だったので2,3度聞き直さないと理解出来ませんでした。
また来年も参加する機会があればと思います。

NFR(ナショナルファイナル・ロデオ)

カウボーイ&カウガールが年に一度ラスベガスへ集結するウエスタンの祭典“NFR=ナショナルファイナル・ロデオ”が今年もやってきました。
年間シーズンのチャンピオンが決まるロデオの最終戦。(開催場所:ネバタ州立大学)この時ばかりは街中がウエスタンハットとカウボーイブーツという“ドレスアップ”でそまり、夜はお決まり“オウやKA”ではなく“カントリーソングのコンサート”で盛り上がります。今年でアテンド7、8回目(7、8年連続)となりますでしょうか?
毎年ウエスタンの“正装”に身を包み、はるばる日本からロデオ観戦にやって来る“ジャパニーズ・カウボーイ”達がおります。(ラスベガス空港でお出迎えする時は、もうバッチリと服装をキメていらっしゃいますので一目で分かります。)カントリーミュージック歌手、ウエスタン・バーを経営する方、牧場を経営される方、日本でロデオに参戦している方など様々です。
ウエスタンと言えば“馬”という事で、今年は昼間のアクティビティーとしてHORSEBACK RIDING=乗馬を体験してきました。場所はラスベガスから15号線を北へ約45分、“SAGEBRUSH RANCH(牧場)”です。ロンというコテコテのカウボーイ風、荒っぽい風貌の白人男性が迎えに来ました。
全く気にする様子も無く(カウボーイスタイル?)15分程遅れてやってきましたが、順調に出発、約130頭の馬を飼育しているという牧場に到着しました。(トイレは男女兼用の仮設1ヶ、カウボーイ風?)
簡単な手綱の使い方を学び(危険が伴うせいかロンの口調も少々厳しく)、いよいよ乗馬体験のスタートです。周りは何も無いモハビ砂漠のど真ん中、所々アップダウンがあり、その都度“前傾姿勢!”、“キック!キック!”とロンの声が響き渡ります。無風で快晴なので、12月でも暖かく心地よい約1時間30分の“探検”となりました。
約15名(15頭)が一列に並び、基本的にはゆっくりと歩きながら、時折カッポカッポと小走り程度の移動。馬はみな良くトレーニングされているので、あまり手綱で操作しなくても自然と先頭のロンに続いていくものの、小走りの際は3センチ位宙に浮くので“お尻が痛い!”。リラックスしていれば(馬の動きに自然と身体が合えば)痛くないのでしょうが、久し振りなので緊張しちゃって。周りの景色を堪能しながらのトレイルを終了する頃には少し慣れてきたのですが、お尻に軽い痛みを残したところで牧場に戻って来ました。
乗馬の後はロンと皆でBBQのランチ。派手な“厚化粧”(と言われる)ラスベガスから離れ、馬が“ヒヒーン!”と鳴くのどかな景色でも昼食に皆様喜ばれていました。
結構面白かったから他のお客様にもお勧めしたいと思います。

500_13112655 500_13112654 500_13112653 500_13112652 500_13112651

MAGICコンベンション(アパレル)

明日8月27日より年2回恒例のアパレル業界展示会“MAGIC”が開催されます。
何度かアテンド&通訳として業務をしておりますが、様々な業種のコンベンションがここラスベガスにて開催される中でも“MAGIC”は楽しい業務です。
入場規定に関しては年々煩くなってきている様に思えます。展示会場への入場バッジを取得する際も(基本的に業界人向け展示会なので)名刺に加え、取り引き/仕入れ先とのやり取りを証明するインボイス(請求書)の提示を求められる場合があります。ビジネススーツからカジュアル、ヒップホップなどカタゴリー別に最新ファッションのアイテムが続々と展示されているので単純に見ているだけでも楽しい。全米、世界中に流通しているメジャー・ブランドのブースもトレンドの傾向がつかめて面白いけど、個人的に毎回“格好良い~!”と発見する服は大抵一般のデパートやモール(ショッピングセンター)ではお目に掛かれない小さな店のオリジナルブランド。その辺りで見た事も聞いた事も無いブランドのセンスある服が山の様に出展されています。
(ああいう中からもメジャーなブランドが生まれる場合があるんだろうな?)
明日からの数日間がとても楽しみですが、とにかく広大な会場内を歩き回るので“歩き易い”靴で出陣です。

500_10175104

CONEXPO (建設業界のコンベンション)

3年に1度ラスベガスにて開催される建設業界の見本市CONEXPOでのアテンド業務。
会場にはとにかく大きな建設用機械が立ち並ぶ。アメリカ経済が何だかんだと噂される中、まだまだストリップ通りのシティーセンターはじめ建設ラッシュの続くラスベガス。業務むかう途中マイカーを走らせていてもこんな大型の機材をあちこちで目にする。
今回のお客様はある会社のVIPで珍しく外国人(日本人ではなく)。日本語は殆ど話さないので英語でのご案内が要求されるという、あまり経験の無いチャレンジな内容。
普段日本語でお客様にご案内している観光案内を英語で行っていたところまでは良かったのですが、夜を演出するエンターテイメントの案内中に困ってしまう質問ばかりが。
日本よりのお客様にはオウ、カー、ラヴなどシルクドソレイユに関するご質問が圧倒的に多く、また内容的にも言語を理解しなくても楽しめるという事で、数あるショーの中でも割と限られた内容に人気が集中します。今回のお客様は何度もラスベガスを訪れているリピーターの方で、しかもシルク関係は既に観賞済。
興味を持たれていたのが、ダニー・ガンズ(ミラージュ)、ジェリー・サインフィールド(CP)、ペン&テラーなど“トーク”を中心としたコメディー・ショーに関してばかり。
“う~ん。。。”今まで日本よりのお客様をアテンドして10数年、トークショーに関しての問い合わせは殆ど取り扱った事が無かったので毎度“少々調べます。”の繰り返し。まだまだ勉強不足を実感。日本語以外では英語しか分かりませんが、人種問わずハイグレードなサービスを提供する事が自身のゴール。まだまだ勉強が必要ですね。
アメリカ感覚のジョークをかましながら、一生懸命楽しんでもらおうと接した4日間。最終日、ラスベガス空港にてお別れの際は“貴方のキャラクターはこの仕事にとても向いているね。お陰で楽しい滞在となった。”という言葉が頂けたので今回のミッションはとりあえず成功かな。  しかし今回のコンベンションでは日本からの訪問者がとても目立ちました。数百人は目にしました。3年後もまたお手伝い出来る機会があるかな?トークショーも勉強しておきます。

500_13540876 500_13540875 500_13540874

NFR(ナショナルファイナルロデオ)

毎年12月のはじめ10日間ラスベガスで開催されるロデオのメジャー大会“NFR(ナショナルファイナルロデオ=全米ロデオ選手権”。普段は煌びやかなネ オン、最新設備のホテルが目立ち“新しい”感覚の街がこの期間ばかりはガラリと雰囲気が変わり、全米からロデオ大会観戦に訪れる(観客動員数約18万人) ウエスタンブーツにカウボーイハットの“西部カウボーイ”達に占拠される。カウボーイ=ウエスタンなファッションなど普段はどちらかと言えば(特 にラスベガスでは)“時代遅れ”な感じもするが、この祭典の為に自前のブーツ、ハット、大きなバックル(ベルトに付ける金具)でキメる姿はとても格好良 く、それ以外のファッションスタイル全てを圧倒する。
もう5年目位になるでしょうか?日本からこのロデオ大会を観戦にいらっしゃる“日本のカウボーイ”の団体グループを毎年アテンドしております。
実 際に日本でロデオの競技に参加されている方、カントリー&ウエスタン(C&W)ミュージックのプロミュージシャン、牧場主、ラインダンス(ウエス タンの集団ダンス)のインストラクターなど西部開拓時代的なイメージである“カウボーイ文化、ウエスタン文化”をこよなく愛する方々です。
勿論ファッションもバッチリキマっていて、男女全員アメリカ人カウボーイ顔負けの西部スタイルでご登場されます。>目立ちます!
ラスベガス空港でも日本人カウボーイ集団を目にする機会はまず無いので空港ご到着時も一目で分ります。
ご 滞在中の興味は一般的なオウ(ベラジオ)、カー(MGM)だのではなく、昼間はロデオ大会と同時に開催される“ウエスタングッズEXPO”にてお気に入り のウエスタングッズを物色し、夕方からはNFR(ロデオ大会)を皆で観戦、分厚いTボーンステーキ&バーボンを口にし、夜はその期間全米から集まる“カン トリーミュージックのコンサート”にて思いっきり“西部な”ご滞在を堪能されます。こういった旅行手配&ご案内は本当に年に1度だけですが、“テーマにこだわった”その旅行スタイルはアテンド&お手伝いしていても皆非常に楽しそうです。
皆様、また来年お会い出来るのを楽しみにお待ちしております。

NFR開催会場: トーマス&マックセンター
ウエスタンEXPO: ラスベガスコンベンションセンター、サンズコンベンションセンター

500_10110629

ジュエリーショー(JCK)

6月1日から5日間ラスベガスにあるベネチアンホテル&Sandsのコンベンションセンターで、ジュエリー(宝石、貴金属)ショーのJCK2007が開催されました。
今 回は展示会でブースを出展しているお客様よりの依頼で5日間(準備の前日含め計6日間)通訳としてカスタマーサービスをお手伝いする事に。ジュエリー関連 のコンベンションは今回初体験でしたが、はるか昔から世の女性を虜にしてきた無数のキラキラと輝く宝石、貴金属に5日間囲まれ何だかとてもリッチな気分に させられました。
ダイヤモンド、プラチナなど各ブース楽に日本円で数千万円は越すだろうという商品を持ち込んでいる為か他のコンベンショ ンに比べ警備(セキュリティー)はとても厳重。ピストルを持った警備員が会場内至るところに居てその目を光らせていました。(やはり盗難なども過去に起き ているとの事です。)
やはり原石原産地の為かインド周辺の国々から出展している人々が目立ちます。普段(他の)コンベンションではお世辞にも“美 味い”とは言えないサンドウィッチやホットドッグ類の食事しか用意されておりませんが、JCKではインドブース周辺にカレーなどのインド料理が、そして中 国/香港セクションでは中華料理が用意されていました。
今回個人的に(業務以外で)嬉しかったのは自身が中学生の頃(その当時日本で流行っていた)文通していた(当時“ペン・パル”と呼びました)スリランカ人のEsmail君に会えた事。
そういえば、20数年前の手紙でも“お父さんが宝石関係の仕事をしている”と小さな原石を送ってくれたっけ。彼も卒業からずっとこの業界で仕事をしているとの事。
今回8年振りに会い一緒に食事をしたけど“Osamuにもサンプルを送るから、宝石の商売してみろ。”だって。
もしかしたら来年のJCKでは自分でもブースを出展していたりして。(笑)それにしても“明らかに業界人には見えない一般の方(日本人)”もチラホラ居て業界用の卸値で宝石類を買い漁る光景が。という事で初めて接する業界に興味津々の5日間でした。

 

2 / 3123

このページの先頭へ