アメリカの見本市・展示会・視察ツアー・業務渡航の専門店 クロスインターナショナル

アメリカの見本市・展示会・視察ツアー・業務渡航の専門店 クロスインターナショナル

トップページ > 2008 > 3月

CONEXPO (建設業界のコンベンション)

3年に1度ラスベガスにて開催される建設業界の見本市CONEXPOでのアテンド業務。
会場にはとにかく大きな建設用機械が立ち並ぶ。アメリカ経済が何だかんだと噂される中、まだまだストリップ通りのシティーセンターはじめ建設ラッシュの続くラスベガス。業務むかう途中マイカーを走らせていてもこんな大型の機材をあちこちで目にする。
今回のお客様はある会社のVIPで珍しく外国人(日本人ではなく)。日本語は殆ど話さないので英語でのご案内が要求されるという、あまり経験の無いチャレンジな内容。
普段日本語でお客様にご案内している観光案内を英語で行っていたところまでは良かったのですが、夜を演出するエンターテイメントの案内中に困ってしまう質問ばかりが。
日本よりのお客様にはオウ、カー、ラヴなどシルクドソレイユに関するご質問が圧倒的に多く、また内容的にも言語を理解しなくても楽しめるという事で、数あるショーの中でも割と限られた内容に人気が集中します。今回のお客様は何度もラスベガスを訪れているリピーターの方で、しかもシルク関係は既に観賞済。
興味を持たれていたのが、ダニー・ガンズ(ミラージュ)、ジェリー・サインフィールド(CP)、ペン&テラーなど“トーク”を中心としたコメディー・ショーに関してばかり。
“う~ん。。。”今まで日本よりのお客様をアテンドして10数年、トークショーに関しての問い合わせは殆ど取り扱った事が無かったので毎度“少々調べます。”の繰り返し。まだまだ勉強不足を実感。日本語以外では英語しか分かりませんが、人種問わずハイグレードなサービスを提供する事が自身のゴール。まだまだ勉強が必要ですね。
アメリカ感覚のジョークをかましながら、一生懸命楽しんでもらおうと接した4日間。最終日、ラスベガス空港にてお別れの際は“貴方のキャラクターはこの仕事にとても向いているね。お陰で楽しい滞在となった。”という言葉が頂けたので今回のミッションはとりあえず成功かな。  しかし今回のコンベンションでは日本からの訪問者がとても目立ちました。数百人は目にしました。3年後もまたお手伝い出来る機会があるかな?トークショーも勉強しておきます。

500_13540876 500_13540875 500_13540874

このページの先頭へ